山口県のウエディング・挙式・披露宴はカリヨン山口へ。ご相談・ご紹介無料

カリヨン山口

  • カリヨン山口(山口店)
    083-923-8610
    11:00~19:00 火曜定休
  • カリヨン山口(宇部店)
    0836-35-8530
    11:00~19:00 火曜定休

  • facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • LINE

2019.01.19

「結納のお返し」ってどうしたらいいの??

結納に対するお礼として贈られる結納返し
結納返しをひと言で表すと、「男性側からの結納に対するお礼として、女性側が現金や品物を男性側へ贈ること」です。

 

 


「いくら包んだらいいの?」「包んだお金はどうやって渡せばいいの?」
そういった気になる現金での結納のお返しについて、全国の結納返しの相場や結納返しの渡し方をご紹介します💡

 

結納金の何割の金額にするかは、地域によって違いがありますが

関東地方から東を中心とした地域で行われる「関東式」の結納では、結納金の半分ほどを結納返しとして返すことが多いようで、

「関西式」の関西地方から西を中心とした地域では、結納金の1割程度」か「お返しナシ」が一般的とされています。

 

 

しかし、ここ最近では女性側から男性側への結納返しを不要にするために、予め結納金の金額を少なくして渡すことも多くなっているようで

「50万円の結納金を渡し、女性側からお返しはもらわない」というように、はじめから結納返し分を引いて結納金の金額を決める声も

 

 

結納返しで現金をお納めする場合には、現金は金封とよばれる冠婚葬祭用の祝儀袋に包み、

そして祝儀袋の表書きは、男性が昔着ていた袴にちなんだ呼び方で「御袴料(おんはかまりょう)」と記載するのが一般的です。

結納当日に用意するか後日に用意するかしっかり新婦様のご家族は話あって決めてくださいね👆

 

もっと詳しく結納について知りたい!と思われた方はお近くのカリヨン山口まで🚗333

 

 

この記事に関するお問い合わせ

記事タイトル

「結納のお返し」ってどうしたらいいの??

お名前

フリガナ

メールアドレス

お問い合わせ内容

pagetop

インフォメーション

メッセージ

こんな記事を書いてほしい!こんな特集をしてほしい!など、メッセージをお待ちしております。

※メッセージへの返信はおこなっておりません。返信が必要なお問い合わせはこちら。